Products & Solutions

Adobe Target

あらゆる出会いを価値あるものに
target_img_01

サービス概要

Adobe Targetは、データをアクションに繋げます。テストによる仮説の検証、ターゲティングによる表示の最適化、レコメンドによる利用/購入促進を定量的に実現し、収益化を行います。

  • A/Bテスト(旧:Test&Target)
  • 多変量テスト(旧:Test&Target)
  • ターゲティング(旧:Test&Target)
  • レコメンド(旧:Recommendations)
  • 自動最適化(旧:Test&Target1:1)

Adobe Target の機能概要

target_img_02
target_img_03

A/Bテスト(旧:Test&Target)

特長・機能

統計的な裏付け
  • “デフォルトと比べて何がいくら上昇したのか”、”いつテストを終了するのか”について統計を使用して数値で上昇率や信頼度を可視化します。
多彩なテスト制御
  • 一般的なテストツールとは異なり、テスト対象者の絞り込みや条件設定が可能です。IP、キーワードだけでなくページを見た順番等が指定できます。

選ばれる理由

Adobe Analytics とのデータ連携
  • 対象者抽出、表示制御に対してAdobe Analyticsで取得したデータが活用でき精度の高い運用ができます。
容易な実装
  • テスト箇所1カ所につき2行のコード追記のみでテストが実施できるためすぐにテストを開始できます。
  • target_img_04

    多変量テスト(旧:Test&Target)

    特長・機能

    品質工学 タグチメソッド
    • 品質工学を使用してテストを検証する際、少ないデータ量でも精度の高い結果を導けるためテストスピードを早めつつも精度の確保ができます。
    有意な組み合わせの発見
    • トップページやランディングページのレイアウトなど複数の要素から最も最適な組み合わせを発見できます。

    選ばれる理由

    少ないデータでも精度が出せる
    • 多変量は検証箇所が多くA/Bテストと比べて多くの成果数が必要です。多くの顧客でページ単位で考えると有意なデータが得られるデータ量がたまらないケースが多く、多変量テスト実施上の壁になっています。
    target_img_05

    ターゲティング(旧:Test&Target)

    特長・機能

    業界最多のターゲティング条件設定
    • 流入経路や広告だけでなく、最初に見た/次に見た/今見ているページなどの条件設定が可能です。集客やページ作成の仮説に沿った条件設定が可能です。
    セグメント別の結果分析
    • ターゲティングの対象を変更した場合に結果がどう異なるか、事前定義したセグメント別に結果を検証可能です。

    選ばれる理由

    Adobe Analytics とのデータ連携
    • 対象者抽出、表示制御に対してAdobe Analyticsで取得したデータが活用でき精度の高い運用ができます。
    リアルタイムのターゲティング
  • CRMでロジックを組んだ場合、数週間から数ヶ月の時間がかかりますが、AdobeTargetなら今アクセスがあった訪問者に反射神経的に表示できます。
  • target_img_06

    レコメンド(旧:Recommendations)

    特長・機能

    ニーズが顕在化していなくても訴求
    • 訪問者が自分でも認識していない欲しい商品や情報をランキングやレコメンドの形で訴求し、成果に繋げることができます。
    多彩な表示ロジック
    • お客様のウェブサイトの状態に合わせて横1列や四角表示などが選べます。画像だけでなくテキスト形式でも表示が可能です。

    選ばれる理由

    購入前の閲覧段階のデータも使える
    • CRMの場合、購入情報をベースにしていることが多いですが、AdobeTargetは見込段階のページの閲覧やカートへの追加等もデータとして活用できます。
    Adobe Analytics とのデータ連携
  • 対象者抽出、表示制御に対してAdobe Analyticsで取得したデータが活用でき精度の高い運用ができます。
  • target_img_07

    自動最適化(旧:Test&Target1:1)

    特長・機能

    自動の対象者抽出
    • 一般的にテストをする場合、全数対象もしくは対象者は指定する必要がありますが、自動最適化機能なら成果が最大化する対象者を自動で設定、抽出することができます。
    自動のコンテンツレイアウト抽出
    • 設置箇所とその場所での訴求内容というレイアウト基本要素を、自動で成果に繫がりやすい組み合わせを抽出します。

    選ばれる理由

    仮説がなくても最適化できる
    • テストを実施するうえで最も重要なのは、どこで/何を/どう訴求するかという仮説(組み合わせ方)ですが、仮説をつくるにはノウハウを必要とします。 自動最適化機能は、考えられる選択肢の素材を用意するだけで複数のセグメントに対してセグメント別に最適なレイアウト、訴求が実施できます。

    お問い合わせ・資料ダウンロード

    各ソリューションに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから。

    Contact

    サービスやプロダクトに関する質問、取材やリリースに関するご相談など、気軽にお問い合わせ下さい。