NEWS

2016年02月29日

バーチャルコミュニケーションズ株式会社

【Apteligent(Crittercism)】Crittercismの社名がApteligentに変わります


このプレスリリースは、2016年2月9日にCrittercismにて発表されたプレスリリースです。
英文はこちら


(サンフランシスコ – 2016年2月9日) – Crittercismは、本日、社名をApteligentへ変更することを発表しました。Apteligentは、エンタープライズモビリティ市場におけるイノベーションの流れを引継ぎ、アプリライフサイクルのすべての局面にわたる重要なデータやインサイトをあらゆる規模の企業に提供することを重要視しています。

Apteligentのモバイルアプリインテリジェンスサービスは、市販されている中で最も優れたクラッシュおよび遅延レポート機能を提供するだけではなく、リアルタイムの運用メトリクス、モバイルエコシステム(キャリア遅延、クラウドサービスなど)、およびそれらがユーザの行動に与える影響に基づいて、実行可能なインサイトを提供します。Apteligentを利用する企業は、モバイルの問題がアプリの評価、ユーザの獲得、進行中のエンゲージメントに悪影響を与える前に対策を打つことができます。Apteligentはデータセンターを米国とEUに置いており、エンドユーザのプライバシーにきわめて真摯に取り組んでいます。ユーザデータが広告目的で使用されたり売却されたりすることは決してありません。

ApteligentのCEO、Dave Robbins氏は次のように語ります。「単なる運用情報だけではなく、その情報がユーザの行動やモバイルエコシステム全体に与える影響も提供するプラットフォームについて、開発者やビジネスクリティカルなアプリを使用する企業に対する当社のコミットメントを再確認しています。」「これは当社の企業としての発展の次のステージです。そのクラスで最高のアプリ開発レポート機能から始まり、モバイルエコシステム全体において判断に影響を与える豊かな独自のリアルタイムデータを生み出しつつあるのです。Apteligentは、実用的なモバイルアプリインテリジェンスをあらゆる規模の企業にご提供します。」

Apteligentのモバイルアプリインテリジェンスは、Fortune 5,000,000、すなわちあらゆる規模の企業に合うように設計されており、現在、次の3つのエディションが利用できます。
Basic – ユーザデータプライバシーの保証されている無料バージョンです。米国とEUにデータセンターが置かれており、ユーザ データが広告目的で使用されたり売却されたりすることは決してありません。Apteligent Basicの顧客には、厳格なEUのプライバシーガイドラインに基づいてエンドユーザのデータが取り扱われることが担保されます。

JumpStart – アプリの安定性、パフォーマンス、ユーザエクスペリエンス全体を改善できるリアルタイムデータを利用できる強力な基盤を企業に提供します。便利なクレジットカード決済と月決め契約が用意されています。

Enterprise – アプリの総合的パフォーマンスの現状を定量化するのに役立つツール、統合API、およびリアルタイムダッシュボードをフルセットで提供します。さらに、同じアプリストアカテゴリにおいて競合するアプリと比較した、アプリの全体的な応答性を浮き彫りにする新しい業界ベンチマーク機能も利用できます

Enterpriseエディションの新しいコンポーネントには、Adobe Marketing Cloud用の新しいコネクタがあります。Adobeコネクタを使用することで、大切なモバイルデータをAdobe Marketing Cloudに直接送信し、モバイルコンシューマの行動をより深く分析できるようになりました。

さらに、新しいデータサイト(data.Apteligent.com)も用意しており、詳細なモバイルエコシステムの基準値とベンチマークが実現されます。主要なレポート内容には、地域別のモバイル機器利用状況、モバイルOS利用状況、モバイルキャリアのパフォーマンスなどがあります。複数の大手モバイルアナリスト企業にとってApteligentのデータは成績を示すデータソースであり、とりわけ、Bloomberg、Business Insider、CNNによるモバイル業界の現状に関するレポートで取り上げられてきました。

「Apteligentは大いに評価されるべきです。同社はモバイルアプリエコシステムに関するデータの大規模なリポジトリを開発してきました。同時に、同社のデータサイエンティストは、さらに巨大なモバイルエコシステム内で基準値の関係性を示すために必要な、そして、戦略の策定や企業にとって必要な任意の基準値の測定を継続するために必要な、ほぼすべてのデータセットを提供することができます。」とBlue Hill Researchの駐在起業家、Tony Rizzo氏は述べています。

Apteligentについて詳しくは、www.Apteligent.comを参照してください。

Apteligentについて

Apteligentは、企業のモバイルビジネスの加速化に貢献するリアルタイムデータ収集とレポート作成ツールを取り揃えた世界有数のモバイルアプリケーションのインテリジェンスソリューションを提供しています。同社のソリューションは、アプリのライフサイクルの多様な側面全体にわたる重要なデータとインサイトをあらゆる規模の企業に提供します。Apteligentは、iOS、Android、Windows Phone 10、Hybrid、HTML5アプリなどのすべての主要なモバイルOSプラットフォームをサポートしています。そしてなにより重要なのは、アプリユーザのプライベートデータの保護を確保していることです。厳しいEUのプライバシーガイドラインを厳守しつつ、モバイルアプリの戦略的イニシアチブを成功させたことによって、クレジットカード発行会社の上位5社のうちの3社、メディア企業の上位5社のうちの3社、小売業者の上位5社のうちの3社、ホテルチェーンの上位3社のうちの2社から信頼を得ています。詳しくは、www.Apteligent.comを参照してください。

バーチャルコミュニケーションズ株式会社について

Apteligent(Crittercism)の正規販売代理店。日本、中国を中心としたアジア市場において、グローバルな業界リーダーとの強固なパートナーシップを基盤に、IT・クラウドソリューションとそのコンサルティングを提供。市場調査やウェブ解析などのマーケティングサービス、ビッグデータ、BI(ビジネスインテリジェンス)、セキュリティやリスク管理などIT関連ソリューションをワンストップで提供し、多数大手企業への豊富な実績があります。
本社:東京都新宿区西新宿6-14-1 新宿グリーンタワービル20階
事業内容:クラウドコンピューティングサービス
URL:http://www.vccorp.net/

本件に関するお問い合わせ先

バーチャルコミュニケーションズ株式会社
メディアクリエイティブ部
太田 祐子
TEL:03-5909-7850

Contact

サービスやプロダクトに関する質問、取材やリリースに関するご相談など、気軽にお問い合わせ下さい。