NEWS

2015年10月15日

バーチャルコミュニケーションズ株式会社

【Arxan】5億を超えるデバイスで、アプリケーションを保護 〜Arxanがサイバー攻撃保護実績を発表〜

サイバー攻撃の 3 分の 2 以上がアプリケーションをターゲットに 自己防衛型アプリケーションセキュリティ需要が増加


このプレスリリースは、2015年10月15日にArxan Technologies, Inc.にて発表されたプレスリリースです。英文はこちら


BETHESDA, MD – October 15, 2015年10月15日 – Arxan Technologies, アプリケーション保護ソリューションの世界的なリーダーである Arxanは本日、Arxanによるセキュリティ(リバースエンジニアリン グ対策)実装アプリを搭載したデバイスが 5 億台を超えたことを発表しました。 Arxanの比類ない技術が、金融、医療機器&ヘルスケア、ハイテク、IoT、デジタルメディア、自動車、ゲーム等幅広い業界において、スマホ等の携帯端末、デスクトップ、組込アプリ等の各種デバイスで稼働するアプリケーションをサイバー攻撃によるリバースエンジニアリングの脅威から守っています。

Arxan の活用がここまで広がった背景には、最近のモバイルアプリ保護ニーズの高まりがあります。Arxan のお客様が SDK(Software Development Kit)をコードや暗号鍵のリバースエンジニアリング等の悪意を持ったハッキングから確実に守るために最良な方法として Arxanソリューションを選んだ結果が、5 億台を超えるデバイスでの稼働に繋がりました。多くの企業が、バックエンドのサーバーにある機密情報、個人情報や、ソフトウェアアプリのコード、暗号鍵がモバイル環境を介して悪意を持ったハッカーに抜き取られたり改ざんされたりする脅威にさらされているのです。

Arxan のCMO であるパトリック・コーは以下のようにコメントしています。

「これまでは、IT セキュリティといえばネットワーク環境やデバイスそのもの(ハードウェア)の保護にのみ焦点が 当てられていて、ソフトウェアアプリケーションの保護にはあまり目が向けられていませんでした。しかしながら、世界中がネットワークでつながり数十億の各種デバイス上でアプリケーションが稼働している現状においては、旧態 依然としたセキュリティ対策でアプリケーションのクラッキングを防ぐことは事実上不可能だということに多くの企業のリーダーが気づきはじめました。そのため Arxanが提供するアプリケーションの“自己防衛”ソリューションへの市場ニーズが一段と高まったといえます」

最近報告された自動車や医療機器分野でのハッキングのレポートは、重要なアプリケーションがどれだけ脆弱であるかを如実に記しています。これらのレポートがきっかけで、業種を問わず、セキュリティ監督者やアプリケーション開発責任者がソフトウェアのコード難読化や暗号鍵の保護のための対策を積極的に取り入れるようになって います。Arxanの保護対象アプリケーションの 65%以上は、モバイルや IoT に関わるソフトウェアですが、特に 以下の分野での市場ニーズの増加が報告されています。

  • IoT(Internet of Things): 携帯端末によるリモートアクセス時の認証制御や暗号鍵の盗難 防止
  • 金融: セキュリティ制御をバイパスしたり、不正支払いを促したりすることにつながるモバイルアプリの改変の防止
  • 医療機器/ヘススケア: 医療機器 SDKや組込みアプリ、医療機器の沿革操作制御アプリの保護
  • ハイテク: 重要なライブラリの保護やモバイル/デスクトップアプリへの不正アクセスの防止。
  • ゲーム: 海賊版、チート対策、ならびにリセマラ対策

分散型コンピューティングの市場拡大と相まって、セキュリティリスクの巧妙化やその規模と頻度の増加がもたらされました。サイバー攻撃は当然のことながら最も脆弱なエリアを狙い撃ちします。だからこそ、3 分の 2 以上のサーバー攻撃はアプリケーションをターゲットとしています。そのため実行アプリの自己防衛は、これらの攻撃のインパ クトを最小化しリスクを緩和するためにますます必須なソリューションとなっているのです。

Arxan について
Arxan は世界で最も強固なアプリケーション保護ソリューションを提供しています。Arxan のユニークな保護技 術は次にあげる機能を有しています。

1) サイバー攻撃からアプリケーションを保護する

2) 攻撃が試みられていることを探知する

3) 検出された攻撃に反応し、警告を発したりアプリを停止、修復したりする。

Arxan は、モ バイルデバイス、デスクトップ、サーバー、組込型プラットフォーム(IoT による接続デバイスを含む)等で稼働するソフトウェアソリューションです。自動車、ゲーム、ハイテク、ISV、医療機器、ヘルスケア、デジタルメディア等幅広い業種にわたって 5 億台を超えるデバイスで稼働しています。本社ならびに開発拠点は米国国内で、販 売・サポート網を、日本をはじめとするアジア太平洋地域ならびに EMEA 地域に置いています。

本件に関するお問い合わせ先

バーチャルコミュニケーションズ株式会社
マーケティング部
太田 祐子
TEL:03-5909-7850

Contact

サービスやプロダクトに関する質問、取材やリリースに関するご相談など、気軽にお問い合わせ下さい。