Company

社会と人々のより高い次元への成長を実現する

バーチャルコミュニケーションズの経営理念は「成長」の一語に集約されます。この成長は会社の成長だけではなく、弊社の事業を通して、事業に関連するあらゆる人たちに社会的、経済的、人間的、技能的、また知識のなどのあらゆる面での成長を実現する機会を提供しつづける場となる事を目指しています。また同時に、弊社の事業においての存在基盤となっている、社会や経済及び産業の成長にも貢献できる存在であることを目指しています。


会社概要(東京本社)

商号
バーチャルコミュニケーションズ株式会社
事業開始
1995年3月
本社所在地
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目14番1号 新宿グリーンタワービル20F

TEL: 03-5909-7850
FAX: 03-6369-3430

交通アクセス

  • 東京メトロ丸の内線「西新宿駅」地下道連絡口出口より 徒歩5分
  • 都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」A5出口より 徒歩5分
  • 地下鉄大江戸線「西新宿五丁目駅」A1出口より 徒歩7分
  • JR・京王線・小田急線・東京メトロ・都営地下鉄「新宿駅」西口より 徒歩13分
  • 西武新宿線「西武新宿駅」徒歩20分
資本金
93,500,000円
代表者
代表取締役社長:島田 憲治
取引銀行
三菱東京UFJ銀行 池袋東口支社
三井住友銀行 新宿西口支店
みずほ銀行 池袋支店
西京信用金庫 雑司が谷支店
事業内容
クラウドコンピューティング・サービス
スタッフ数
110名(グループ全体)
グループ会社
上海バーチャルコミュニケーションズ有限公司(上海八叉楽軟件有限公司)
上海バーチャルアドバタイジング有限公司(上海八叉楽広告有限公司)
上海バーチャルコミュニケーションズ有限公司 大連センター(上海八叉楽軟件有限公司 大連分公司)


会社概要(上海)

上海バーチャルコミュニケーションズ有限公司

商号
上海八叉楽軟件有限公司
事業開始
2004年1月
本社所在地
〒200041 上海市南京西路993号12楼1219室

TEL:+86(21)6253 7733
FAX:+86(21)6253 0233

資本金
US $430,000
役員
董事長兼総裁:金川 博
取引銀行
民生銀行 上海黄浦支行
事業内容
クラウドコンピューティング・サービス
本社
バーチャルコミュニケーションズ株式会社

上海バーチャルアドバタイジング有限公司

商号
上海八叉楽軟件有限公司
事業開始
2005年6月
本社所在地
〒200041 上海市南京西路993号12楼1219室

TEL:+86(21)6253 7733
FAX:+86(21)6253 0233

資本金
US $530,000
役員
董事長兼総裁:金川 博
取引銀行
民生銀行 上海黄浦支行
事業内容
オンライン広告事業
本社
バーチャルコミュニケーションズ株式会社


沿革

1995/03
事業開始
1995/03
ITJインテリジェントテレコムとパートナー契約締結
1997/05
日本サンマイクロシステムズとパートナー契約締結
2001/03
リアルネットワークス株式会社とコンテンツ作成パートナー契約締結
2002/03
インターウォーブン・ジャパンのInterwovenを販売開始
2002/12
Webサイト運用支援サービスISO9001:2000を認証取得
2004/01
中国・上海に現地法人「上海バーチャルコミュニケーションズ」を設立
2007/01
中国最大の検索エンジンを有する百度とパートナー契約締結
2007/02
中国BtoBサイトの最大手であるAlibabaグループとパートナー契約締結
2007/03
中国インスタントメッセンジャー最大手の騰迅QQとパートナー契約締結
2007/10
Omniture, Inc.(現 Adobe)のSiteCatalystを販売開始
2008/01
中国Yahoo!とパートナー契約締結
2008/01
中国最大手のポータルサイトSINAとパートナー契約締結
2008/05
Salesforce.com Inc.とリフェラルパートナー契約締結
2008/06
iResearchと販売代理店契約締結
2009/09
日本アイ・ビー・エムと販売パートナー契約締結
2009/10
AtlassianのAtlassian JIRAとAtlassian Confluenceを販売開始
2010/10
Google社のGoogle Appsを販売開始
2010/10
SuccessFactors社のSuccessFactorsを販売開始
2010/10
comScore社のcomScore Media Metrixを販売開始
2011/06
Splunk社のSplunkを販売開始
2012/04
Amazon社のAmazon Web Servicesを販売開始
2012/05
AdobeとProfessional Service Provider契約締結
2012/08
Webroot社のWebroot Secureanywhere Endpoint Protectionを販売開始
2012/09
QlikTech社のQlikViewを販売開始
2012/10
Microsoft社のWindows Azureを販売開始
2012/11
Arxan社のArxanを販売開始
2012/12
41st Parameter社のAdTruthを販売開始
2013/08
Marin Software社のMarin Softwareを販売開始
2013/11
SOASTA社のCloudTest及びmPulseを販売開始
2014/03
AppDynamics社のAppDynamicsを販売開始
2014/08
VideoGenie社のVideoGenieを販売開始
2014/08
Ve Interactive社のVePlatform / Veアプリを販売開始
2014/12
Woopra社のWoopraを販売開始
2015/01
MuleSoft社のAnypoint Platform、MuleESB、CloudHubなど全製品を販売開始
2015/04
Crittercism社のCrittercismを販売開始
2015/06
Boxの販売開始
2016/02
SpeedCurveの販売開始


インターンシップ

バーチャルコミュニケーションズは、経営理念である”成長”をキーワードに、社会や経済及び産業の成長にも貢献できる存在であることを目指しています。
“成長”への取り組みの一環として、インターンシップを導入しています。
弊社ではインターンシップに関する活動を、
「インターンシップに参加いただく方の、社会・業界への参入の支援となること」と、
「弊社社員に向けての”成長”の啓蒙」として位置付けています。
インターンシップの内容は時期によりますが、インターンシップに参加する御本人の希望、弊社の状況に合わせて特定の部署に所属していただき、その部署の業務を体験していただきます。

インターンシップとは

学生や未就労の方が、一定の期間、企業で実務を体験するものです。
企業で働くことで、業界・企業の雰囲気・実務の実際を学び、自分の希望や適正との適合を確認できる制度です。
※バーチャルコミュニケーションズのインターンシップの募集有無・内容は、時期に応じてさまざまです。
実際にインターンとして在籍いただいた方に、インタビューを行いました。インターンシップ及び弊社の活動について、皆様のご参考になれば幸いです。


パートナー

バーチャルコミュニケーションズでは、クライアントのWebコミュニケーションにおける最適なソリューションを提供するために、業界リーダーとの積極的な提携を行っています。今後も先端的な企業との提携を通じて、効果的で高品質なサービスを提供していきます。

  • Adobe
    アドビ システムズ社
  • AdTruth
    AdTruth
  • Amazon Web Services
    Amazon Web Services
  • AppDynamics
    AppDynamics
  • Arxan
    Arxan
  • Crittercism
    Apteligent
  • Google Apps
    Google Apps
  • IBM Rational software
    IBM Rational software
  • Kiuwan
    Kiuwan
  • マイクロソフト株式会社
    マイクロソフト株式会社
  • 一般社団法人 Mozilla Japan
    一般社団法人 Mozilla Japan
  • MuleSoft
    MuleSoft
  • SOASTA
    SOASTA
  • splunk
    Splunk
  • Storybox
    Storybox
  • Ve
    Ve Interactive
  • Woopra
    Woopra
  • pt_logo_speedcurve
    SpeedCurve

Contact

サービスやプロダクトに関する質問、取材やリリースに関するご相談など、気軽にお問い合わせ下さい。